,
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告  top▲
人は一歩「変態」への道を踏み出すと、止められないもの。
将来タイトルの言葉は「華の定義」として日本に残るといいな☆★

こんばんは!テスト前になると、パソコンのキーボードをやたら触りたくなる銅鑼です!
テスト2週間前なのに、やる気にならないんですけど・・・っていうか、大学に行く気にさえならないんですけど。
これ病気?

そして!
銅鑼、今年も例年同様風邪を引きました?。
鼻なんか真っ赤かだぜ!ひゃっほう!「トナカイ鼻(華)」と呼んでくれ!(上手!
鼻声になると自分で聞く声は田村さんに激似するのでちょっぴり嬉しいですw笑
だから風呂では「童話迷宮」を熱唱してきました。(迷惑極まりない。
鼻風邪だけじゃありません。泣
目が腫れたり(モノむらいっていうの?)して痛いのなんの!
腫れてるからただでさえ小さい目もさらに小さくなるし!
視界なんて2/3しか見えないし!泣
瞬きするとイタイイタイ!(私の脳内もイタイ!(上手!?
なんなんだよ!んもう!って感じでした。
お陰で目薬点すのが上手になったよ☆★

それにしてもね(話の転換早)、写メ日記を見てる方はわかると思うんですけど。。。。。

自分はショタコンだと認めつつある自分がいます。(にこっ

1年の時のあだ名からもう「ショタコン」で少なからず抵抗を持っていた私ですが、最近はもうOKOK!笑
私は単に小さい人が好きなわけじゃないんですよ。

歳の割りに小さい人が好きなんです。(爆弾発言

Nちゃん’s携帯の私の登録名は未だに「ショタコン」らしい!笑
友達からのメールも最後には「まぁ華ちゃんショタコンだし」で終わる始末!

今更否定する力が私にはない!爆

どんとこいだ!
人はキャラが成り立てば生きていけるもんなんだよっ!(ふんっ
前置きは異常!・・・・間違えた、以上!(「異常」はお前の脳だ


さて、写メ日記で散々語ってるので今更隠してもしょうがない!
無理なことは百も承知さ!

MAJORを今更集めようなんてな!

だから私は決めたよ。

35巻から集めるって!

だって、35巻より前は大河君出てこないもん。(言った!
大人になって給料もらえるようになったら全巻揃えたいですね。
で、女の子供が生まれたら強制的に読ませて語りたいです。(可哀想な娘!
一生独り身の運命を辿る奴の独り言だよ!(にこっ)
温かい目でみてやってよ!

さて、本日から私の心が落ち着くまでこのブログでMAJORについて語っていきたいと思います。
まずは、今まで買った巻の感想からいこうかな。
今の調子でいくと次はDVDに手をだしそうだけど。笑
キモイ銅鑼でも許せるという心の温かいかたは「続きを読む」を見てくださると私嬉しい!爆
ちなみに、カテゴリーに期間限定「MAJOR」というのを増やします!
冷めたら消しますがね!(にこっ)

(・・・・・・自分でも読めないほどキモイ文になったら別館を作ろうと思います。実際作り出したし。基本的に誰にも教えない予定。)
Major―Dramatic baseball comic (54) Major―Dramatic baseball comic (54)
満田 拓也 (2005/06/16)
小学館
この商品の詳細を見る

一番手元近くにあったからという理由で54巻の感想です!笑
順番を守らないのが銅鑼流なのだよ!えっへん!
激しくネタバレしてるので注意!

この巻はまさしく「ラブコメ巻」ですよ!
こういう話大好き!選手の日常生活の話とか主と離れた話が大好きですvv
1話、2話は53巻を読んでないので、スルーさせていただきますね。(にこっ)
まぁ敢えて言うならバットが割れることがあるのか!?とだけ言っておきます。(偉そうだな
木のバットだったからかな?え?これ木?汗
あとカチューシャの女の子が可愛かったよ!(必死

さて、3話感想にうつりまして?・・・・・。
大学の講義を眠そうな目で受けてる清水さん。(そのキモチわかるよ!
講義中、メールが。
(大学って講義中メールOKなんですか?だとしたら私講義を聴かずにメールに夢中になれる自信があります!爆)

大河君からのメールだよ。

羨ましいな!このやろう!(これ←打ってて顔が熱くなった。爆

絵文字も1個しか使ってないしよぉ!まさしく男の人のメールだよ!
(銅鑼は中学の頃1人のクラスメイトの男子とメールをしましたが、絵文字の使いすぎで何か背筋がぞぞっってした記憶があります。)
もうそこから「素敵!」と叫んでしまった私に乾杯☆★

表紙の吾郎君はスルー。(敢えて言えばシンプルイズベストだな!

メールで吾郎君が日本に帰国したことを知り、次の講義をサボる清水さん。
(っていうか吾郎君アメリカにいたんですね。知らんかったよ。爆)
そのまま大河君に電話をし、確認。(うらやましいな!)
っていうか、大河君、

学校で携帯使用?汗

普通に廊下で電話かけてるし!
私にはそんな勇気ないよ!汗
おまけに大河君の携帯、友達が中3まで使ってた携帯と一緒だったよ!(auでした。)(もっと早く知っておけば!泣/変態行為)
っていうか、廊下に出るシーンで思ったんですけど、

やっぱり小さいな!爆

窓に肩から上しかでないとか・・・・ドキドキがとまりません。
友達も顔似合わず柄の悪そうな方だし!あんな人とお昼を一緒に食べてるのか!?汗
・・・・・・わ、ワイルドですよね!(満面の笑

素直に『会いに行く』といえない姉に「会いに行けばいいじゃん。」と押す彼。
おまけに「チューしちゃえばいいじゃん。」って!!
(コレ↑を打った瞬間顔面を両手で押さえた私/ウブだな)
どれだけマセてんだ!爆(そこも素敵)
そのコマの次の2コマの彼が表情が好きです。(告白じゃないよ!)
歩き方が激しく親父くさい!笑(そこも素敵だけどな!?)
っていうか「?じゃん。」って!
我が県の方言なんですけど!うひゃぁ!(何

吾郎君に会いに行く清水さん。
けど、家には不在の様子。
(それにしても桃子さんは「老ける」ということを知らんのか!)
バッティングセンターに行ってみるが、そこにもいない。
けど、そこで小森君に会い、助言をもらう。

墓場まで探しにきた清水さんにある意味凄さを感じました。

(私なら行けない!お墓参りをしてる人に会いには行けない!)
吾郎君のお父さんのお墓に手を合わさせてもらう清水さん。(よかったね!)
その後、吾郎君からサイン入りボールが!
「これ、いつ頃プレミアつくかな」発言に同感。笑(私だったら売るな!/最悪/好きな人から貰った奴なら売らんだろうけど!)

その後、まぁいろいろありまして、ここら辺は箇条書きで失礼!
・寿也君の七変化には毎回びっくりです。あの眼鏡坊やが・・・。
・そして寿也君と清水さんの顔と髪型が似すぎてて見分けがつかないときがある。
・寿也君、吾郎君大好きっ子だな!笑
・吾郎君に会ったとたん、子供っぽくなる彼に母性本能が疼きます。(こんな自分は嫌だ)
・ワールドカップだか何かの大会があるんですね。
・吾郎君がピッチャーで寿也君がキャッチャーな野球を見てみたいのも事実。
まぁそんな感じ!

そして場面は変わり、清水さんは友達とライブに行くはずだったのに、その友達の彼氏が高熱を出しライブ行く相手をなくす。(私なら彼氏そっちのけでライブにいくよ。/悪女)
(ここで私は「彼女は吾郎君を誘うだろう」と確信した!)
他の友達を誘うものの、みんなダメ。
最後は大河君を誘うが、彼は彼で勉強に忙しい様子。
(このシーンを見ると何故か勉強をしたくなる私がいる!マジック!)
「先輩は誘ったの?」と聞く大河君。
「野球以外に興味のないあいつが、ライブにいくわけがない!」と動揺(?)する清水さん。

清水さんをそそのかす大河君がかっこよくてしかたないんですが。(これを打った瞬間私は急激な咳に襲われた!)

もう彼は恋のキューピットですね!(そこが素敵!?)
でも清水さんの気持ちもわからんでもないなぁ・・・・・。(私も一応恋はしてなくても女の子ですからねv)
っていうか部屋綺麗だな。。。あれ?私の部屋がゴミ捨て場に見える。(実際大きいゴミ袋あるし)

勇気を出し、吾郎君を誘う清水さん!(頑張ったね!)
OKを貰い、張り切って仕度をしますが・・・・・

吾郎、ライブをすっぽかす始末。

奴は女の敵だ。
しかも忘れたまま寿也君と野球の電話。
清水さんは時間になってもこない彼を心配し、自宅に電話する。

「事故かなんかにあったとおもって・・・・」

健気な人だ!(ちなみに私も待ってるだろう派/聞いてないよ。)

ライブには行かず、家に帰る清水さん。
「一生幼馴染でいい」発言をします。
(帰ってきた清水さんをみてビックリする大河君が格別にかっこよかった!)
吾郎君には悪気はなかったんでしょうけど・・・・う?ん。

その後、吾郎君は高校へ帰国の挨拶に。

大河君に説教されます。(ひゃっほぉ!)

「姉ちゃんに何かしたんスか?」って!(ませてんな!)
(うちの弟も「姉ちゃん」って呼ぶけどなにか違う!大河君が言うのとなんか違う!)
(このシーンの大河君が私は54巻で一番好きだ)

大河君の助言で清水さんの大学にいく吾郎君。
そこで清水さんに会えたはいいもののおこってる様子。(当たり前だな)
話をしようと更衣室に乗り込む。(さすが少年漫画!)
清水さん(ちょっと遠まわしだが)告白!
急激に清水さんを「女」と意識し始める吾郎君。
しかも水着姿の清水さんを思い浮かべる・・・・。(男なんだな!)
にしても、今まで「女」って意識したことなかったのかよ?!と突っ込みたくなりますね。

あんなことをされたにも関わらず、清水さんはあっさり吾郎君からのデートを承諾。(愛故ですね!)
お弁当まで作って・・・・・健気だな。笑(私だったら作らない。いや、作れない。

デートの最後、吾郎君告白!
「1点リードの9回二死満塁のマウンドより、ドキドキしたよ。」と。

私なら「は?え、ちょっと意味が・・・・」って言ってしまうような例えですね。笑(ムード台無し)

やはり吾郎君は野球少年だった!

その後、清水さんお家に帰り、CDを返しにきた大河君に報告。

アップになった時の顔が最高にかっこよかった!笑(いっぺんマンホールの中を旅してこい)

後日、友達の助言により晩御飯にさそう清水さん!
携帯が繋がらないからってわざわざ会いに行く彼女は女の鏡だ!
吾郎君とは会えたものの、成り行き(?)でトレーニングのため寿也君と吾郎君の2人で行く予定だった温水プールへ。(スポーツマンを彼氏にもった彼女の使命だね。)

寿也君ファンさん、ごめんなさい。

水着姿の寿也くんに爆笑しました。
66.jpg

だって・・・・このアンバランス!汗
顔と体が・・・その・・・・ねぇ?汗(わかって!)

まぁそれからいろいろあって・・・・・

結局クリスマスイブはバッティンクセンターで吾郎君と過ごす、清水さん。

ちなみに「彼氏とバッティングセンター」は私の憧れだったりしますw(誰も聞いてないから)


以上!長いな!汗
初めてまともに感想を書いたきがするよ!読み返したくない感想だけどな!
スポンサーサイト

MAJOR CM(0) TB(0) top▲

COMMENT


 管理者にだけ表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。